トップ 中学受験ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中学受験ナビなぜ中学受験なのか > 中学校と学区制度

中学校と学区制度

中学校と学区制度の画像

中学受験を考える理由の一つに学区制度があります。普通であれば小学校を卒業すると、そのまま近くの中学校に進学することになります。地方では小学校、中学校ともに一校しかない場合もあり、生徒はそのまま進学していきます。勉強の進度も様々で、中学校で必ずしも自分にあったレベルの授業を受けられないこともあります。

塾などで先行してレベルの高い問題を解いていると、授業が物足りないこともあり、場合によっては勉強ができない人への差別や、いじめにつながることもあります。あるいは先生を軽蔑する生徒も出てくるでしょう。こうなると人間的な成長過程としてはあまり好ましいとはいえません。中学校も最近ではいろんな工夫をしていますが、なかなか難しい課題のようです。

小学校のグループをそのまま引き継ぐということは、小学校でいじめに遭ったとき、人間関係もそのまま引き継がれるということです。このような不幸な環境を断ち切るために中学受験を考える人もいます。最近、公立学校選択制が施行され始めるところもでてきました。しかしながら学校によって希望者数に相当のばらつきがあり、また学区制を復活させたところも多くあります。義務教育を受ける中学にあって、全ての学校で受験を科すことは難しく、現実的にできないでしょう。

私立の中学受験は、その校風にあこがれて受験する児童もあります。最近の公立中学は特色を出しやすい環境になったとはいえ、まだまだその体制が確立されたわけではありません。その点私立中学は独自の教育方針があり、質の高い教育ができるのです。英才教育を受けさせたいというだけでなく、人間的にすばらしい人に成長して欲しいという場合にも、私立中学は最も適した受け皿になります。

義務教育で中学校にそのまま進学することに対する不安がある人は、かなり増えてきています。その不安を解消するための一つの選択肢として、中学受験があるのです。もし解決できない悩みがあるなら考えてみてはどうでしょうか。



スポンサー広告

ネットショップ広告


中学受験ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 難関中学を受験する

難関中学を受験するには、小5の秋から本格的に勉強をしなければなかなか合格できないくらいのレベルになっています。日頃の授業に加えて塾などでの勉強が必要になります。こうした勉強をしてきた生徒だけが合格していくので、難関校といわれるところでは、かなり高いレベルでの勉強ができます。今まで小学校のレベルでは満足できなかった子供も、ついていくのがやっとのレベルで勉強することになります。競争できる環境に置かれることから、難関高校、大学への進学を考えるなら、やはりハイレベルな環境で勉強する

中学受験ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。