トップ 中学受験ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中学受験ナビなぜ中学受験なのか > 難関中学を受験する

難関中学を受験する

難関中学を受験するの画像

難関中学を受験するには、小5の秋から本格的に勉強をしなければなかなか合格できないくらいのレベルになっています。日頃の授業に加えて塾などでの勉強が必要になります。こうした勉強をしてきた生徒だけが合格していくので、難関校といわれるところでは、かなり高いレベルでの勉強ができます。今まで小学校のレベルでは満足できなかった子供も、ついていくのがやっとのレベルで勉強することになります。競争できる環境に置かれることから、難関高校、大学への進学を考えるなら、やはりハイレベルな環境で勉強することが必須になってきます。

競争が先に立って人間関係がうまく育たないのではと、心配の向きもありますが、かえって成績の悪い子をいじめるようなこともなく、同じ難関校を目指す同志として、仲間作りもうまくできるようです。中学入試は相対評価での合否なので、偏差値や平均点の高低で判断することはあまり好ましいとはいえません。関西圏での2012年東大寺学園の理科は難しくなり過ぎて、結局受験生の振り落としにつながらなかったという例もあります。

このように激化する中学受験では、合格者を振り分ける目的で、難問を数題出題して差をつけるような傾向も見られ、合否ボーダーライン上での受験生にとっては厳しいものになっています。関西の私立中学は各校魅力ある学校づくりに努力しており、様々な取り組みもなされていますが、人気のある学校とそうでない学校の二極化がすすんでいます。難関中学 や有名私立大学のエスカレーター校などに人気が集中している傾向は、今後もしばらく続く傾向にあるようです。

また、難関校でも人気のないところは、卒業後の進路にも影響する可能性がありますので注意して見ていく必要があります。2012年の傾向として、首都圏では難関校でも軒並み志望者を大きく減らし、競争率はやや緩和する傾向にありましたが、難関校を受ける人のレベルはほとんど変わっておらず、少数激戦の試験になっていることに変わりがないようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


中学受験ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 中学校と学区制度

中学受験を考える理由の一つに学区制度があります。普通であれば小学校を卒業すると、そのまま近くの中学校に進学することになります。地方では小学校、中学校ともに一校しかない場合もあり、生徒はそのまま進学していきます。勉強の進度も様々で、中学校で必ずしも自分にあったレベルの授業を受けられないこともあります。 塾などで先行してレベルの高い問題を解いていると、授業が物足りないこともあり、場合によっては勉強ができない人への差別や、いじめにつながることもあります。あるいは先生を軽蔑する生徒

中学受験ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。