トップ 中学受験ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中学受験ナビ中学受験に向けての心構え > 中学受験とその後の進路

中学受験とその後の進路

中学受験とその後の進路の画像

中学受験をすると決めて親子で一緒に歩みはじめたときに、最初はそれが将来の就職や希望を後押しする手段の一つであったのが、いつの間にか中学に合格することが目的になってしまうことがあります。そうすると、中学受験で思うように成績が伸び悩んでしまったときに、解決策を見いだすのは難しくなってしまいます。たとえ同じ中学受験をするにしても、入学後の進路は入学する学校によって、大学までに到達する道のりは異なるということをよく理解した上で、進路選択をしなければいけません。

『私立の中高一貫校』に進んだ場合は、簡単な試験を受けるだけで、あるいはほとんど試験をすることなしに高校課程に進学します。そして大学への進学も、系列大学へ進学することも比較的簡単だといえます。しかし、入学すれば必ずその道を歩むのかというと、そうではなく、学校の成績や統一テストの結果によっては、進学できないこともあります。また、途中で系列大学以外の大学にも進学ができる場合もありますが、自由に受験できない場合もあるので注意しましょう。

『公立の中高一貫校』に進んだ場合、私立の中高一貫校と同じく、高校受験を受ける必要はありません。しかし、大学に進みたいのであれば受験する必要があるばかりか、進学校でなければ、なかなか上位の大学には合格できません。どちらかというとゆったり時間をかけて学ぶことに重点が置かれています。『国立付属中学校』は、併設校がある場合には、そのまま併設校に進学出来る場合もありますが、大学付属校は教師養成のための実践的な意味合いが濃く、推薦枠があっても少ないことがあります。

私立の単独中学の場合、特に高校や大学が併設されていないケースでは、高校・大学進学を目指すには、進学校でなければ一般の受験者と一緒に受験するので、中学受験をする意味がありません。ですが、いじめなど、学ぶ環境を変えてみたいのであれば、中学単独校はそれなりの意味を持ちますし、その場合は、立地条件など、学ぶ環境が充実していることが条件になります。

どのタイプの学校に通うのか、家庭でよく話し合い、万が一つまづいても慌てることなく、その時々でベストな選択をしていけばよいのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


中学受験ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 中学受験と日頃の生活

中学受験では面接がある学校も多くあります。小学校受験でも面接試験はありますが、小学校ほど重要視されていないといわれています。学校側からすれば、学校の校風や特色にマッチしているかチェックしておきたいと考えているのです。ですので、面接をおろそかにしていいということではありません。 中学受験での面接も小学受験での面接も、付け焼き刃で急に試験本番で理想的な答えをすることは不可能なので、日頃から注意して生活しておかなくてはいけません。面接で大事なことは、自分の言葉で答えるということで

中学受験ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。